大学一人暮らしの住居選び

大学生が一人暮らしをするのには先ず住むところを決めなければなりません。

大学生活をエンジョイ出来るかは、この住まいの占める割合が高くなります。

合格通知を受け取り入学金の振り込み等、慌ただしく準備に追われる事になりますので、短い期間で賃貸住宅を探す事になります。

事前に情報を収集し準備しておく事が大事です。

受験生本人は、試験で一杯一杯です親が頑張るしかありません。

賃貸住宅選び本人の希望確認

「五月蠅い」と言われるかも知れませんが・・・それとなく確認しましょう。

賃貸住宅斡旋業者選び

合格発表後は、業者も強気です。「早く手付けして頂けないと・・・」という言葉を聞く事になります。

短時間に賃貸物件を見て回り選定する必要がありますので良い物件と契約するには、任せられる業者を見極めて、おつきあいする事が大事です。

業者は受験の時に、大学の門の前で配られていた、冊子、パンフレット、他にインターネット等を利用して中身を吟味すると良いでしょう。

大学生協の物件

流石に条件(手付け金不要、家賃は4月から等)も良く物件も豊富で、価格も比較的安い。

良い事ずくめのようですが、なかなか納得の物件がありません。

個人的な見解ですが、良質な物件を保有している大家さんが、わざわざ損をする(制約を受ける)生協に斡旋を依頼するのでしょうか?

賃貸住宅選びのポイント

生活するのは受験生本人であって親ではありませんが、世間知らずの子供が生活をして行くのですから本人の思いだけでなく親の思いも条件に入れ決めましょう。

実際に物件を見て確認し易いようにチェックリストを作成しておくと良いでしょう。

チェックリストの見本を別ページで公開しています。・・・「賃貸住宅チェックリスト」

住まいの費用

地域により契約形態が異なります。

詳細は「住まいの費用」をご覧ください。

引越方法

借りる住まいの近くで調達し運搬しない方法もありますが、事前に店の場所の確認と買い物をする時間のゆとりが必要です。

その他


私達が娘の為に探した賃貸物件のエピソードを別ページで掲載しています。・・・「我が家の賃貸物件探し」